最新の記事
1 肝試しの帰り道
2 先生 (全10話)
3 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (全6話)
4 ウヅガアさん
5 電車の変なおばさん
6 中古車
7 禍々しい写真
8 出張先の館
9 行ってはいけない場所(※自己責任系) (全4話)
10 天皇陛下の為に(※自己責任系)
最新のコメント記事
1 超能力訓練 (1)
2 行ってはいけない場所(※自己責任系) (12)
3 晴美の末路 (1)
4 ヒルサキの真相 (8)
5 肝試しの帰り道 (1)
6 お憑かれさま(※自己責任) (189)
7 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
8 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
9 九字切り (1)
10 肉塊 (1)
人気の記事
1 お憑かれさま(※自己責任) (1647994)
2 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (76004)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (73966)
4 つきまとう女 (57358)
5 幽霊だけど何か質問ある? (50018)
6 ヒルサキの真相 (42254)
7 リゾートバイト (41642)
8 帝国陸軍第十三号坑道 (33850)
9 中年女 (28722)
10 封じ (28452)
11 バックパッカーの恐怖 (26105)
12 傷 (25230)
13 うひゃひゃひゃひゃ (24359)
14 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (24071)
15 コトリバコ (22097)
16 自分の話じゃなくてもいいんだよな? 俺の友達が中学生の時の話なんだが。 (19048)
17 お前か!26年探したぜ (18001)
18 禁后[パンドラ] 後日談 (16977)
19 中古車 (16525)
20 洞窟探検隊 (16461)
検索ワード:先生(殿堂)師匠シリーズ(殿堂)幻想(殿堂)
検索ワードを編集

※このワードは利用者が検索しやすくする為のワードタグです。
どなたでも編集する事が可能です。


※検索ワード一覧
先生
師匠シリーズ
幻想
2015年12月21日 16:46:11コメント:0観覧数:5241

先生 (8/10)

 誰も隠れる場所なんてなかったはずの洞窟に、秘密の空間が出来ることになる。
 そこに誰かが隠れていて、タロちゃんがやってくる前にハリボテを入れ替えれば、
 あっと言うまに顔入道が怒ったってことになるわよね。
 でも良く考えて。どうしてその誰かは、後からタロちゃんがくるなんて知ってたの?」
ハッとした。
そうだ。タロちゃんは急に怖気づいて、僕らが入った後に入るなんてことになったけど、
それでも無理やりシゲちゃんが連れて行ってたら、三人とも始めの『怒る前』の顔を見ていたことになる。
そうなれば、いくらなんでも僕らの目の前で、ハリボテの早がわりなんて芸当が出来るはずはないし、
そのまま帰られたら、せっかくのイタズラの仕掛けもパァだ。
口ぶりからすると、シゲちゃんもタロちゃんも、
それから、たぶんほかのみんなも、一度は顔入道を見ているはずだから、
なにも顔の早がわりなんてことをしなくても、初めから怒った顔のハリボテを用意していれば、
最初に見た瞬間に『顔入道が怒った。うわあぁ』ってことになるはずなのだ。
「そうね。それにあなたが見た、白い牙のような塗料のついた岩が、重要なヒントになってるのよ」
先生はもったいぶったように、ゆっくりと人差し指を立てる。
「塗料のついた尖った岩は、顔入道の岩の真下にあったのよね」
あ、と思った。
「だから抜け落ちた牙のように見えた。それも、一昨日昨日と二回見た、その両方とも同じことを思ったのよね。
 ということは、塗料のついた岩と、顔入道の位置は変わってないってこと。
 ここまで言えばもう分かったかな。
 つまり、顔入道の岩の手前にハリボテなんか作って、そのあいだに人間が隠れたりしたら、
 絶対にその真下の塗料のついた岩も隠れちゃうんだから……」
だから、ハリボテはなかった。


755 :先生  後編  ◆oJUBn2VTGE:2009/09/04(金) 22:11:01 4o0HgrnU0

そんな結論が、先生の口からスラスラと出てくる。
そのこと自体に納得はいったけれど、全然事件の解決にはなっていない。
それどころか、余計に薄気味悪くなってくる。
それじゃあ顔入道は、やっぱり勝手に怒ったり笑ったりしたってことじゃないか。
僕がぶつぶつとそう言うと、先生はうふっと笑った。
「その通りよ」
ええっ、と思わず力が抜けそうになった。そんなバカな。
「正しく言うと、顔入道は勝手に怒ったけれど、勝手には笑わなかった」
なんだか謎掛けのようなことを言いながら、先生はチョークを手に持つ。
そして黒板に描かれたのマークのついた『怒る前』の文字のお尻に、『?』の文字を書き加えた。
それからこちらに振り向く。
「さっき、私に怒られそうになったでしょう?」
うんうんと頷く。なんだか楽しくなってきた。これからもっと不思議なことが起こりそうな予感がして。
「あれはお芝居だったけど、あなたはなんだか分からないうちに怒られそうになって、
 目なんか瞑っちゃって、観念してたわよね」
恥ずかしくて、思わずカァーっと顔が赤くなりそうになった。
「これから怒るってことは、もう怒ってるってことよ」
そりゃあそうだ。大人が怒る時なんて、大体パターンが決まってるんだから。
目を吊り上げちゃって、僕らが答えられないようなことを問い詰めてきて、
それから怒鳴りつけたり、引っ叩いたりするんだ。
本気で怒り出す前に、これからどうなるかくらい分かる。
あれ?てことは、なにか変だぞ。
先生はクスクスと肩を揺すった後、イタズラっぽく僕の方に向き直った。
「あなたが最初に見た『怒る前』の顔。それは、本当は『怒ってる顔』じゃなかったの?」
ハッとした。
怒る前ってことは、怒ってるってこと。そうだ。怒りをこらえてるってことは、怒ってるってことだ。
ただ爆発する前か後かってだけで。
「でも、おかしいよ。タロちゃんも前にいっぺん見てるはずなのに、『顔が怒った』なんて言って逃げてきたんだよ」

756 :先生  後編  ◆oJUBn2VTGE:2009/09/04(金) 22:14:39 4o0HgrnU0

「そうね。だからその時タロちゃんが見た顔は、前に見た顔と違ってたのは確かだわ。
 タロちゃんが前に見た顔っていうのが、あなたが昨日一人で見た、本当の顔入道の顔だったはずよ。
 笑っていた顔が今度は怒ってたんだもん。それはビックリするよね」
え?ってことは、どういうことになるんだ。
首を傾げる僕に、先生は噛んで含めるように語り掛ける。
「言ったでしょ。あなたが最初に見た顔は、岩に描かれたものじゃなかったって。
 かと言って、人が後ろに隠れられるハリボテでもない。
 白い塗料のついた尖った岩という、同じ目印があるんだから、場所が違っていたわけでもない。
 ……たぶん、厚手の紙を顔入道の岩に被せて、その上から白い塗料で別の顔を描いたのよ。
 笑っている顔の上に、怒ってる顔を」
その真下の尖った岩の塗料は、その時についたのね。
先生は僕の目を見ながら、確かめるようにゆっくりと言う。
確かに、それならほとんどかさばらないから、抜け落ちた牙のように見えた白い岩との位置も変わらない。
でも、それでは人間も隠れられなくなってしまう。
「誰かが隠れる必要なんてないのよ。顔は勝手に変わったんだから。『怒る前』から『怒った後』に。
 さっき言ったみたいに、『怒る前』の顔と『怒った後』の顔は全く同じものなのよ。
 ただ、それを見ていた人間の心理が違っていただけ」
ドキドキしてきた。だんだんと先生の言いたいことが分かってきたからだ。でも、そんな。そんなことって。
「あなたが始めにその顔を見た時、
 眉間に皺を寄せて、口なんかへの字に曲がって、迫力満点で睨みつけてくる、その表情に驚いたんでしょ。
 さっき私がそんな顔をした時、あなたは怒られると観念した。
 なのに顔入道の時は、その顔は怒っていないと思ってしまった。
 さあ、それはどうして?」
その答えは分かる。今思い出した。あの時の言葉を。叫びそうになった僕を勇気づけてくれたその言葉。
『よかった。まだ怒ってない』
シゲちゃんだ。僕の隣で、あの時確かにそう言った。
シゲちゃんが、この顔入道の事件の犯人だったんだ。


757 :先生  後編  ◆oJUBn2VTGE:2009/09/04(金) 22:18:48 4o0HgrnU0

僕の中ですべてが繋がって行く。先生は静かな口調でその手助けをしてくれた。
「最初からシゲちゃんのイタズラ計画だったのよ。
 それも、本当は臆病なのに、口ばっかり強がりなタロちゃんを標的にした。
 私が秘密基地の話を思い出してと言ったのは、
 顔入道をその晩に見に行こうなんて言い出したのが、シゲちゃんだったってことを思い出して欲しかったの。
 あなたは変な勘違いをしたみたいだけど」
僕は椅子に座り込んで、じっと先生の説明を聞いていた。
春ごろに顔入道の噂を聞いて見に行った悪ガキ仲間は、洞窟の奥で笑っている顔を見た。
そして、イタズラ好きでしかも手先の器用なシゲちゃんが、その顔を怒らせることを思いつく。
紙を貼り付けて、その上からペンキかなにかで顔を描き、その準備が終わった後に、
新入りの僕を連れて行くという名目でみんなを誘う。
標的は生意気なタロちゃんなのだから、ほかの臆病者たちが逃げても構わない。
むしろ大勢で行ってしまう方が、みんな変に気が強くなってしまって、
マジマジと見られて、細工がバレてしまう可能性があったのだから好都合だ。
首尾よく三人で洞窟に辿り着いた時、タロちゃんが入りたくないとゴネだす。
無理やり引っ張っていく手もあったが、そこでシゲちゃんは名案を思いつく。
笑っている顔を見ていない僕を連れて先に入り、タロちゃんには後からこいというのだ。
承知したタロちゃんを残して洞窟に入ったシゲちゃんは、怒っているような顔を見て驚く僕に、
『よかった。まだ怒ってない』と言って安心させる。
そう言われればそう見える顔だったから。
当然僕は、前にシゲちゃんたちが見にいった時の顔のままだと思った。
しかし、約束通り後から入ったタロちゃんにとっては、まさしくそれは笑っていたはずの顔が怒った後の顔だったのだ。
そして悲鳴を上げて逃げ出す。
ここまでは計画通りだったのに、
まさか洞窟から飛び出して崖から転落してしまうほど、タロちゃんが怯えてしまうとは思わなかった。
怖くなったシゲちゃんは、自分のイタズラだったことを誰にも言わずに、次の日こっそり仕掛けを片付けに行った。
僕が笑っている顔を見たのは、その後だったのだ。
そう言えば昨日、シゲちゃんは僕より先に家を出ていた。懐中電灯も見あたらないはずだ。
なんてこった。シゲちゃんが全部。全部やっていたのか。


759 :先生  後編 ◆oJUBn2VTGE:2009/09/04(金) 22:25:50 4o0HgrnU0

僕は呆然として説明に聞き入っていた。
「笑っている顔の塗料が古かった時点で、怒っていた方が張り子なのは間違いないわ。
 そしてその張り子を見て、 『どうってことない。こないだと一緒』なんて言ったシゲちゃんが、
 その仕掛けを知っているのも間違いない。
 もし春に見たという顔も、その時点ですでに張り子だったとしたら、
 同じ顔を見たことになる、タロちゃんの過剰な反応に説明がつかないしね。
 あとは推理を広げれば簡単だわ」
先生は黒板に点を三つ、カン、カン、カン、と書いた。
「ゆ・え・に、犯人はシゲちゃん。この点三つのマーク∴は、もう少し後で習う記号なのよ」
チョークをそっと置いた先生が静かにそう言った。
その記号も、チョークを置く指も、眉毛の上に揃えられた髪も、その時の僕にはなにもかもカッコよかった。
見とれる僕に、不思議そうな顔をして先生は首を傾げた。
太陽はゆっくりと高く昇って行き、教室に伸びる陽射しは、机や木の床から少しずつ引いて行った。

その後、僕は算数の続きをやった。
同じ問題なのに、教えてくれる人が違うだけで、こんなにも楽しいなんてなんだかおかしい。
せっせと問題を解く僕のそばで、先生は鶴を折っていた。
そして、いくつか数がまとまると立ち上がり、窓際に掛けた千羽鶴にまた仲間を増やすのだ。
それをずっと繰り返している。
僕は、いつかは夏休み学校の子どもたちの風邪が治って、ここが二人だけの空間でなくなることも、
そして、朝が昼になり、それから午後になるように、夏もいつかは終わり、
僕がここを去る日がくることも、信じたくなかった。
だから、今日が先生に出会って何日目なのか数えたことはなかったし、その毎日はふわふわとした夢の中にいるようだった。
一体いつからほかの子どもたちが風邪を引いているのか、考えたことはなかった。
先生の時どき見せるぼんやりした、そしてどこか哀しい表情も、その奥に隠れたもののことも、理解しようとはしなかった。
ただひたすら僕は問題を解いた。歴史を知った。夏の中にいた。


761 :先生  後編 ◆oJUBn2VTGE:2009/09/04(金) 22:29:24 4o0HgrnU0

「よく出来ました。じゃあ今日はここまで」
先生が僕の答案を見てそう言った。もうお昼過ぎだ。夏休み学校の時間もおしまい。
僕は帰り支度をしながら、なんとなく口にした。
「先生。怒ったふり、すっごく上手かった」
本当だった。近づいてきた時、絶対叩かれると思ったのだから。
それを聞いて先生は、あはっと笑った。とても嬉しそうに。
「ありがとう。驚かせてゴメンね。でも、迫真の演技じゃないと意味なかったから。
 錆付いてると思ってたんだけどな。私これでも役者を目指し……」
きゅっ、と口が閉じられた。
顔が一瞬強張り、そしてこくんと喉が動いた後、先生は目を伏せたまま声もなく笑った。
風が吹き渡るどこまでも高い空の下で、ほんのひと時僕の前に覗いた先生の夢は、ゆっくりと閉じられていった。
それは、どうしようもなく繊細で、綺麗だったけれど、
きっと、いつまでも見続けてはいけないものだったのだろう。
コン、コン。
咳が聞こえた。
どこか遠くから聞こえた気がした。
でも、目の前で先生が口を押さえている。とても落ち着いた顔をしていた。
「私も」
ただの咳払いではなかった。少しおいて、先生はまたコン、コン、と咳をした。そしてゆっくりと顔を上げる。
「ゴメン。私も風邪を引いたみたい。うつるといけないから、明日からお休みにしましょう」
そんな。そんなのはいやだ。風邪なんかへっちゃらだ。だから休みなんて言わないで。
そんなことを口走る僕を押しとどめ、先生は目を細めて言う。
「駄目。悪い風邪なのよ。治ったらきっと、世界史の続きを教えてあげるから」
だだをこねる僕に、先生は諭すように肩に手を置く。
先生 (1/10)先生 (2/10)先生 (3/10)先生 (4/10)先生 (5/10)先生 (6/10)先生 (7/10)|先生 (8/10) |先生 (9/10)先生 (10/10)
他の怖い話もよみませんか?
一人だけ違う動画が見えてる奴
タンス
バックパッカーの恐怖
肉塊
呪われてる
コメント一覧
この記事にコメントを書きませんか?
コメントする
名前 
アクセスカウンター
トータル 000005226246
今月 000000046101
今日 000000000382

怖い話検索
タイトルと検索ワードから探している話を一発検索できます!



公式アカウント

暇つぶしで怖い話まとめサイト作りました。 ゆるく更新していきます。
ネタ投稿大募集!

あなたおすすめの怖い話を投稿してみませんか?
投稿する