最新の記事
1 肝試しの帰り道
2 先生 (全10話)
3 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (全6話)
4 ウヅガアさん
5 電車の変なおばさん
6 中古車
7 禍々しい写真
8 出張先の館
9 行ってはいけない場所(※自己責任系) (全4話)
10 天皇陛下の為に(※自己責任系)
最新のコメント記事
1 水難事故 (1)
2 超能力訓練 (1)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (12)
4 晴美の末路 (1)
5 ヒルサキの真相 (8)
6 肝試しの帰り道 (1)
7 お憑かれさま(※自己責任) (189)
8 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
9 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
10 九字切り (1)
人気の記事
1 お憑かれさま(※自己責任) (1648650)
2 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (76947)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (75386)
4 つきまとう女 (58273)
5 幽霊だけど何か質問ある? (50505)
6 ヒルサキの真相 (42864)
7 リゾートバイト (42715)
8 帝国陸軍第十三号坑道 (34206)
9 中年女 (29698)
10 封じ (29081)
11 バックパッカーの恐怖 (26474)
12 傷 (25709)
13 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (24771)
14 うひゃひゃひゃひゃ (24759)
15 コトリバコ (22624)
16 自分の話じゃなくてもいいんだよな? 俺の友達が中学生の時の話なんだが。 (19347)
17 お前か!26年探したぜ (18328)
18 禁后[パンドラ] 後日談 (17819)
19 洞窟探検隊 (17078)
20 中古車 (16931)
検索ワード:スレ違い(伝説)
検索ワードを編集

※このワードは利用者が検索しやすくする為のワードタグです。
どなたでも編集する事が可能です。


※検索ワード一覧
スレ違い
2013年12月10日 18:54:46コメント:5観覧数:24771

【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (2/6)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:52:17.07 ID:4QDc0c6v0

月日は流れて大学四年生。
単位も残り4単位、そして就職も無事に決まりフラフラしてた。

そこ頃、大学のサークルの一年後輩の子とも付き合っていた。
どちらが告白したとか、きっかけなんかも今となっては思い出せないほどのなんとなくま付き合い。
でも俺にとっては初めての彼女であり。
初めてのデートであり。初めてのキスであり。初めてのセクロスだった。
正直期待以下だったなと思う。
なんだかなー。

たぶんよっぽどの事がなければこの子と結婚するんだろうか、もし振られたら一生独身かもな。
当時はそんな感じで焦燥感に駆られていた。

その頃になるとバイトも再開。
結局塾講師しかバイトしてなかったなぁ、なんて。
なんだか無味乾燥な大学生活だったなと思っていたよ。

そんな感じで大学生活は終了した。


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:54:04.04 ID:4QDc0c6v0

社会人生活一年目。
だいぶ慣れた(仕事的には、でも既に辞めたかった)頃、夏の日。

会社の同僚と上司と飲んだ帰り。
いつもの最寄駅のホームで酔い覚ましにとペットボトルの水を飲んでいた。
なんか上司の愚痴、説教が多い飲みの席だったので俺の気分は悪く
家に帰っても一人なのでなんとなくそこにいた。

今ではその上司に感謝している。
その時、そこにいなければ彼女と再会はしていなかったかもしれないからね。

突然後ろから声が掛かった。
「せんせ」
振り返ると学生が一人。
すぐに彼女だということは分からなかった。
「おぼえてる?」
たどたどしい喋り。ようやく気づく。

変わらず地味な子ではあったが三年の月日が彼女を大人にした。
制服にも新鮮さを覚えた。
考えてみれば高校生の歳になったのか。
小学生のあの子がな・・。完全にオサーンだったw



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:58:47.28 ID:4QDc0c6v0

「ユウちゃんか?」
彼女は笑って頷いた。
そしてノートを取り出すと「暗いから筆談で」と書いた。

おいおい、今はほって置いてくれよなんて思った。でもお構いなし・・。

「仕事の帰りですか?」
変わらず綺麗な字を書くもんだなと感心しているのもつかの間、
「お酒臭いよ」と書かれた。
そんな匂うかなと思いながら俺も自分のペンを取り出してノートに書き込む。

「社会に出れば分かる」
「体は大事にしないと」
「言うようになったね」
久しぶりの筆談だった。
パソコンばかり打っていたので文字を書くのも久しぶりだった。



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:00:43.31 ID:4QDc0c6v0

「それにしても久しぶりだね」
「そうだね」
「でも高校生がこんな遅くに出歩いてていいのかよ」
「遅いってまだ九時だよ」
「十分遅い」
「友達と遊んでたの」
「夜遊びも程ほどにな」
「厳しいよ、先生」
「でも元気そうで何より」
「元気じゃないよ」
「どうして?」
「先生がずっとメールくれなかったから」

彼女の顔を見る。悪戯に笑っていた。



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:01:28.03 ID:4QDc0c6v0

ああ、あの時のことか・・。
「あの紙なくしちゃったんだよ」
バレバレの嘘。文字も焦っていた。

「じゃあ、今日は教えて」
そう書くと彼女は携帯を取り出した。
俺は参ったと言わんばかりに携帯を取り出す。
そしてお互いに交換する。

当時はいい年こいてアドレスに付き合っていた彼女の名前を入れていたんだが、
案の定彼女に突っ込まれた。
「彼女さんの名前?」
「そうだよ」
「先生モテるね」
「どこがだよw」
「私は彼氏の一人も出来ないよ」
「意外と可愛いのに」

ちょっと調子に乗って意地悪を言う。



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:02:33.97 ID:4QDc0c6v0

「じゃあ先生が振られたら彼女にして」
え?俺は思わず彼女を見た。
彼女はペンで何かを書く。

「冗談だよ」
「からかうのはやめろw」
そして彼女はノートを閉まって携帯を指差す。

ボタンを押す仕草。
「わかってるよ」
俺はベンチから腰を上げて彼女と一緒に歩き出し改札を出た。

そして急に立ち止まってバッグを漁ると懐かしいリンツのチョコを出してきた。
どんだけ好きなんだよw
と思いながらもありがたく受け取る。

口の中で溶かしながら食べるそれは口に残るアルコールの味と混ざった。



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:03:23.30 ID:4QDc0c6v0

ロータリーに出向くと彼女の母親が待っていた。
うわwこんな酔っ払いの姿見せたくねぇwと思いながらも挨拶。
言葉は交わさないまま俺は帰宅した。

そしてその時は彼女にメールをした。
『勉強も頑張れよ』ってな感じのを送ったと思う。
『先生もお仕事頑張ってね』って返ってきた。
今は先生じゃねーけどなw

それから彼女とのメールのやり取りが少しずつ始まったんです。



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:04:44.72 ID:4QDc0c6v0

毎日がルーティンワークな社会人二年目。
大学で出来た彼女とはまだ続いていた。
でも彼女のほうがいい所に就職して俺は若干負い目を感じていた。
それに会う機会も月に一、二回。付き合っているのかって感じだったw

そんなつまらない生活に一通のメールが届いた。

ユウからだった。
数ヶ月ぶりのメール。何気なく開いてびっくり。
『この前全国のろう学校主催の絵画コンクールで金賞を貰いました』

ほうほう。すごいじゃないか。



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:08:15.54 ID:4QDc0c6v0

『おめでとう』
『ご褒美下さい』
益々マセガキになりやがってwwと思った。

『高いものは買えないぞー』
『デートして』
馬鹿かwと思った。

『冗談はやめろよー』
『冗談じゃないよ。本気だよ』
『彼女いるんだぜ?』
正直それは逃げるためのいい訳だった。
付き合っていた彼女のことを思って言ったわけじゃない・・。



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:09:05.80 ID:4QDc0c6v0

『そうだよね。忙しいのにごめんなさい。またメールします』
って返ってきた。

俺もだらしない男だわな。
少し可哀相に思っておkの返信をした。
『嬉しい』

フラグとかそんなことは当時の俺に考える余地はなかった。
ただ元教え子と遊びに行くくらいの感覚。

『どこに行きたいの?』
『映画館に行きたい』
申し訳ないけれど耳が聞こえないのに平気なのかという疑問を当然に抱いた。

でも彼女が行きたいと行っているのだ俺がケチをつけるところではないしな。
『いいよ』
日時と集合場所を決めてその日のメールは終わった。



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:11:51.10 ID:4QDc0c6v0

その日は快晴だった。
久々の休日でずっと寝ていたかったが約束を反故には出来ない。
鞭打って集合場所に向かったよ。

彼女は俺よりも先についていた。
「せんせ!」
ユウが手を振ってきた。
それはまるで彼氏を待つ彼女の様子だった。

「おまたせ」
ユウは首を振る。
俺は指で「行こうか?」の合図を出す。
ユウは頷いた。

駅近くの映画館。
何を見るかは聞いていなかったが当時ヒット上映していた映画
『バタフライエフェクト』だったのを覚えている。

今での好きな映画の十本には入る名作だと思う。



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:13:04.60 ID:+LKYTCjz0

俺塾講師始めるわマジで


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:13:30.28 ID:4QDc0c6v0

でも当時鑑賞したときは彼女の事が気になって映画どころじゃなかったw
聞こえないのに理解できているのかなーってね。
それに補聴器をしていないし。

なんでも大きな音になると補聴器が必要以上に反応してしまって逆に不快になるのだという。
補足すると、私くらいだと補聴器の意味はほとんどない、と最近教えてもらった。

でも必死に見入っていた。
鑑賞後も「おもしろかった」と満足げだった。
字幕だけでも分かるものだなーと関心。

後に音声を消して自宅で映画を見たことがあるが・・正直楽しめなかったw 
健聴者にとっては難しい作業なのかしれんw



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:14:58.65 ID:+LKYTCjz0

馬鹿!ユウにとってはそれが映画なんだよ!


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:18:39.48 ID:4QDc0c6v0

デート?中は言葉のみだけではなくジェスチャーも交えて『会話』をした。
周りの視線が最初は気になったがすぐに慣れた。

今もそうなのだが俺と彼女間で手話はあまり使わない。
それは彼女の通う学校が『聴覚口語法』を採用していたから。

一般的な手話法ではなくて精度の高い補聴器を持って耳から言葉を聴き、
そして言葉で伝える手法のこと。

ろう社会では今でも賛否両論あるのだがドラマなんかで見られる手話をしながら話す
(トータルコミュニケーションなんて言われているが)ことはしなかった。
とにかく音声を持ってして人とのコミュニケーションを図ろうとしていた。



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:20:35.33 ID:4QDc0c6v0

今は『人口内耳』なんて便利なものもあるらしい・・。
手術で埋め込むらしいのだが、ユウが失聴した頃には日本であまり普及はしておらず
高額なものになるので彼女はそのオペを行わなかった。
幼少期ならばそのオペを受ければ効果は大らしい。

今は本当に便利な世の中になっているとユウは言っている。
そんな感じで『会話』をするユウに対して初めは理解に欠けて苛立ちもしたがなw
今は造作なく会話できる。

でも喧嘩する時なんかは面白いもんだぜw 
背中を向けていても彼女の怒りは俺に伝わるのに俺の言葉は伝わらないw

だから何の効果もないんだw
それを分かって喧嘩のときや都合の悪いとき、彼女は俺の顔を見ない。
手話も見ないw

テラヒドスw



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:22:33.07 ID:4QDc0c6v0

それはさて置き。
ユウとのデートは当時付き合っていた彼女と会っている時間より楽しかった。

新鮮さもあってだとは思うが、
こうただ手をつないで適当な会話をして、適当な場所で遊んで・・。

って言うのよりもしっかりお互いの顔を見て自分の伝えたいことを身振り手振り口ぶりを駆使して
会話することに心地いい疲れと共に満足感を得られたんだわw

単調な生活がその日だけは楽しいものになったよ。
そして俺は七時過ぎにユウと別れた。
「せんせ、きょうはあそんでくれてありがとう」
高校生になって礼儀も覚えたかw
深々とお辞儀をして帰っていった。

それにもう一つ、
塾にいた頃授業が終わると「ありがとございました」って言ってたんだ。
「ありがとう」って言えなかったの。
最後の「う」が本人は言っているんだろうけど切れるわけ。
「ありがとっ」みたいな感じかな。
それがこの時はちゃんと「ありがとう」って言えていた。

成長しているんだな・・・って何か切なくなった。
いいな・・学生って。

俺はつまらない生活を送っているなって。
誰かが言っていたよな?w向上心のない奴は馬鹿だってw
まさにその通り。すげー自分のやること全てがだるくなった。
俺はダメダメだと鬱になった。

こうゆう状態って急に来るものなのな。



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:24:12.23 ID:4QDc0c6v0

決してユウのせいなんかじゃない。
自分が弱かったんだと思う。

彼女とのデート後、しばらくしてから俺は仕事を無断欠席することが多くなった。
すぐに会社はクビになった。
そりゃそうだわな。別にいいし・・なんてふざけた考えをしていた。

貯金は結構あった。
それを崩しながら堕落した生活。
パチンコ、スロット、競馬に、競輪・・。
吸わなかったタバコも吸うようになった。一気に部屋が黄色くなる。



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:26:33.22 ID:4QDc0c6v0

そして付き合っていた彼女には仕事をやめたことは伝えていなかった。
会うことになるとスーツで向かった。
意外にもバレないw

つーか俺に関心がなかったんだわな、この頃既にw

でもユウには気づかれた。というか目撃された。
ユウと遊んでから半年くらい経ってからかな。

ボサボサ頭のスウェット姿でパチンコ屋から出てしばらくすると肩を叩かれた。
その日は負けていて苛立っていたので「ああ?」なんて低い声で振り向いた。

すると少し怯えた様子のユウがそこにはいた。
たぶん俺の表情さえもひどかったんだと思う。
「せんせ、やすみ?」
構うなと思ったが、あの日遊んだきり会うことも連絡することもなかったユウの手前、
邪険には出来なかった。



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:30:58.72 ID:4QDc0c6v0

「やすみ」
「そんなかっこうでみっともないよ」
カチンときた。ガキに説教される覚えはないと思ったからね。

タバコを取り出して火をつける。
ふとユウを見るとタバコをふかすジェスチャーをする。
しかも驚きと疑問の顔で。

「わるいかよ」
ユウと話すときの癖で大きく口を開けてしまった。
煙が彼女に掛かる。

「す、すまん・・」
ユウは咽ながら首を振る。

「せんせ、しごと・・」
何かを言いたげだった。
「へいじつ、さいきんよくみる」
「え?」
「しごとやめたの?」

俺はユウの顔を見ずにタバコを吸った。何も言えない。
こんなだらしない男に勉強を教えてもらっていたのかと幻滅されてんだろうなって思って
ユウを見ることが出来なかった。

俺チキン。



138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:32:16.65 ID:4QDc0c6v0

「せんせ」
タバコの火をサンダルの裏で消して彼女を見る。

「べんきょ」(小文字の後の母音発声は今でも困難な模様w)
「は?」
「おしえて」

俺は手を横に振った。嫌だよ。
「えいご」
「は?」
「えいごをおしえて」

彼女はバッグからプリントを取り出した。英語のテキストだった。



139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:35:12.50 ID:4QDc0c6v0

俺はテキストを受け取り中身を見た。
懐かしいな・・、大学受験を思い出す。

「ため?」
ため?ああ・・ダメ?って聞いてるのか。
なんかユウの発音に可笑しくなった。

馬鹿にしているわけじゃない。なんかユウと接していると面白いんだわw
俺は人差し指を上に向けて「いっかいだけ」と言った。
ユウは頷いた。

そして数日後、俺は初めてユウの家に出向くことになった。



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:36:52.89 ID:GuuuJ6JXO

ユウさんを下さい。俺に。


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:36:10.33 ID:4QDc0c6v0

別に彼女の家に行くわけでもないのに
俺は久しぶりに髪を切ってユウの家に向かった。

地区は同じだが駅を背に反対側に位置する俺とユウの家。
その方面に行くのは何度しかない。

着いた先は四階建てのアパートだった。
俺の住んでいるボロアパートなんかよりは断然マシだが結構年季が入っている。

ユウの家の玄関前に立ちチャイムを鳴らす。
出てきたのは母親だった。
「どうも」
「お忙しいところすいませんね」変わらず低姿勢なお母さん。

俺は言われるがままに中に通された。
家の中は綺麗に整理されていた。無駄なものが置かれていない。
俺の実家とは大違いだ。

ユウはリビングでテレビを見ていた。
違和感を覚える。テレビ?聞こえるの?
画面を見ると英語字幕の映画を鑑賞していたのだ。
すげーwと感心した。



146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:40:29.96 ID:4QDc0c6v0

俺の訪問に気づき
「せんせ」と言うと停止ボタンを押して立ち上がった。
「こっち」

俺はユウに腕をつかまれて彼女の部屋に連れて行かれた。
すぐにユウの母親がお茶を持ってきてくれた。そして出て行く。
女の子の部屋に入るなんて初めてだった。
しかも女子高生の。なんか落ち着かない。

部屋もまた綺麗だった。
映画のポスターがニ枚張ってあった。

違った意味でセンスがいいww
「トレインスポッティング」のポスターだったw
そして隣には「バッファロー66」のポスターww
本当に女子高生かよwと思った。

そのポスターについて触れたのはつい最近。
「すきなんたからしょがないてしょ」(好きなんだからしょうがないでしょ)だってw

好きになる理由はいらないってかw



続く
【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (1/6)|【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (2/6) |【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (3/6)【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (4/6)【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (5/6)【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (6/6)
他の怖い話もよみませんか?
Hスポットの家族
神谷のおばさん
錆びたナイフ
トイレの怪談
猿夢
コメント一覧
1. 名無しのホラーテラー 2014/07/18 22:25:34
普通な感じ

2. 名無しのホラーテラー 2014/06/14 21:58:17
↑最後まで読んでそんなコメントよく書けたな

3. 名無しのホラーテラー 2014/06/13 00:58:04
どこがこわいん?

4. 名無しのホラーテラー 2014/03/16 16:42:56
>奈落の底 @naraku0425 >え?怖い話?食べられるんですか?私は泣ける話が大好きです! 公式Twitterが分けわからん事言ってる。

5. 名無しのホラーテラー 2014/03/13 04:12:16
何がこわいん?


コメントする
名前 
アクセスカウンター
トータル 000005299563
今月 000000012233
今日 000000000358

怖い話検索
タイトルと検索ワードから探している話を一発検索できます!



公式アカウント

暇つぶしで怖い話まとめサイト作りました。 ゆるく更新していきます。
ネタ投稿大募集!

あなたおすすめの怖い話を投稿してみませんか?
投稿する