最新の記事
1 肝試しの帰り道
2 先生 (全10話)
3 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (全6話)
4 ウヅガアさん
5 電車の変なおばさん
6 中古車
7 禍々しい写真
8 出張先の館
9 行ってはいけない場所(※自己責任系) (全4話)
10 天皇陛下の為に(※自己責任系)
最新のコメント記事
1 手形 (1)
2 水難事故 (1)
3 超能力訓練 (1)
4 行ってはいけない場所(※自己責任系) (12)
5 晴美の末路 (1)
6 ヒルサキの真相 (8)
7 肝試しの帰り道 (1)
8 お憑かれさま(※自己責任) (189)
9 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
10 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
人気の記事
1 お憑かれさま(※自己責任) (1652520)
2 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (77327)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (75946)
4 つきまとう女 (58641)
5 幽霊だけど何か質問ある? (50703)
6 リゾートバイト (43106)
7 ヒルサキの真相 (43075)
8 帝国陸軍第十三号坑道 (34362)
9 中年女 (30053)
10 封じ (29316)
11 バックパッカーの恐怖 (26598)
12 傷 (25936)
13 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (25068)
14 うひゃひゃひゃひゃ (24951)
15 コトリバコ (22834)
16 自分の話じゃなくてもいいんだよな? 俺の友達が中学生の時の話なんだが。 (19419)
17 お前か!26年探したぜ (18404)
18 禁后[パンドラ] 後日談 (18064)
19 洞窟探検隊 (17268)
20 中古車 (17071)
検索ワード:蕎麦の山(本怖)
検索ワードを編集

※このワードは利用者が検索しやすくする為のワードタグです。
どなたでも編集する事が可能です。


※検索ワード一覧
蕎麦の山
2013年01月22日 11:37:16コメント:0観覧数:2119

蕎麦の山

410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/23(火) 03:38:16.29 ID:SMnv91H20


飢饉の年のことである。
草木は枯れ果て、飢えのために死ぬものが相次いだ。
食人が横行し、死人の肉の貸し借りさえ行われる有様だった。

ある日、寺の住職が庄屋の家の法事に招かれた。
庄屋の家は地元の名家で、この飢饉といえども蔵には十分な蓄えがあった。
法事が済むと、住職の前に様々な料理が並べられた。
大好物の蕎麦が山のように並ぶと、住職の目の色が変わった。

日ごろ、食べるものに事欠いていた住職はそれを夢中でかきこんだ。
腹いっぱいになるまでものも言わずかきこんだ。
やがて、住職は手厚く礼を言って帰っていった。
はや日は暮れていた。峠までさしかかると、二人のさむらいがぬうと出てきた。

さむらいの目が住職の腹を見つめた。
その体は枯れ木のように痩せ細り、眼ばかりが光っている。
「和尚、法事の帰りか」
「そうじゃ」住職は気味の悪いのを抑えて一息入れた。
「何ぞ食うてきたな」
「それがのう、蕎麦が山ほど出てきた」とさむらいの一人が住職の後ろへ回った。
「食った後で茶は飲んだか」
「何の、茶も酒も飲むものか。ここ何日も食うとらんけ、夢中でかきこんだわ」「坊主、許せ」
一瞬、背後から斬りつけた。

悲鳴をあげ、住職が仰け反ると、もう一人が腹に刀を突き立て、一文字に切裂いた。
倒れた住職の腹からぬるぬる血だらけの蕎麦をかきだすと、笠に載せ小川へ走った。
茶を飲んでなかったので蕎麦はそのままの形をしていた。
二人のさむらいは流れに蕎麦を洗いながら、息もつかずに食うた。

夜が明けると、住職の死骸にカラスが群がり、ついばんだ。
住職は白骨となって土に横たわっていた。
砂塵が吹き寄せた。
それ以来この峠は「坊主斬り」と呼ばれるようになった。
他の怖い話もよみませんか?
妖怪カラコロ
バックパッカーの恐怖
中年女 (全6話)
町の物件
八王子城址
コメント一覧
この記事にコメントを書きませんか?
コメントする
名前 
アクセスカウンター
トータル 000005337532
今月 000000011379
今日 000000000463

怖い話検索
タイトルと検索ワードから探している話を一発検索できます!



公式アカウント

暇つぶしで怖い話まとめサイト作りました。 ゆるく更新していきます。
ネタ投稿大募集!

あなたおすすめの怖い話を投稿してみませんか?
投稿する