最新の記事
1 肝試しの帰り道
2 先生 (全10話)
3 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (全6話)
4 ウヅガアさん
5 電車の変なおばさん
6 中古車
7 禍々しい写真
8 出張先の館
9 行ってはいけない場所(※自己責任系) (全4話)
10 天皇陛下の為に(※自己責任系)
最新のコメント記事
1 行ってはいけない場所(※自己責任系) (12)
2 晴美の末路 (1)
3 ヒルサキの真相 (8)
4 肝試しの帰り道 (1)
5 お憑かれさま(※自己責任) (189)
6 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
7 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
8 九字切り (1)
9 肉塊 (1)
10 禁后[パンドラ] 後日談 (1)
人気の記事
1 お憑かれさま(※自己責任) (1612766)
2 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (75770)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (73654)
4 つきまとう女 (57180)
5 幽霊だけど何か質問ある? (49862)
6 ヒルサキの真相 (42124)
7 リゾートバイト (41366)
8 帝国陸軍第十三号坑道 (33760)
9 中年女 (28409)
10 封じ (28314)
11 バックパッカーの恐怖 (26021)
12 傷 (25073)
13 うひゃひゃひゃひゃ (24247)
14 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (23842)
15 コトリバコ (21939)
16 自分の話じゃなくてもいいんだよな? 俺の友達が中学生の時の話なんだが。 (18981)
17 お前か!26年探したぜ (17932)
18 禁后[パンドラ] 後日談 (16796)
19 中古車 (16432)
20 洞窟探検隊 (16300)
検索ワード:悪意(超怖)
検索ワードを編集

※このワードは利用者が検索しやすくする為のワードタグです。
どなたでも編集する事が可能です。


※検索ワード一覧
悪意
2013年01月16日 12:18:29コメント:0観覧数:2136

悪意

278: 悪意1/3:2009/08/21(金) 23:49:48 ID:edz+SqwT0

俺が税務署の職員だった頃の話。

90年代の頃だが、田園調布の、ある家へ査察に入った。
すると、玄関で奥さんが数珠をじゃらじゃらさせつつ、
「悪霊退散、悪霊退散、悪霊退散。」とひたすら呟いている。

この家がある神道系カルト新興宗教に帰依しているのは調査で知っていたが、
さすがに面食らったし不愉快だった。
税務署員には珍しく短気な同僚Aは、
A「ずいぶんと奥さんは不機嫌ですね。」
等と皮肉を言う。家の主人もふんっと鼻で笑い、人を食った様な事を言う。
主人「家内が言うには、どうも本日来る客人が、災いを運ぶとの夢を見たらしくてね。」

家には宗教関係か、禍々しいデザインの神棚があるだけで、他は普通のセレブの家である。
調査を開始するが、脱税の証拠が、どこを探しても見つからない。
家の主人は余裕しゃくしゃくで頭に来る。 
と思った矢先、Aがあっと声を上げた。そして、調査してない所が一つだけあると言った。
A「神棚だ!」



280: 悪意2/3:2009/08/21(金) 23:50:31 ID:edz+SqwT0

Aが神棚に手をかけ様とした途端、ひたすら「悪霊退散」を叫んでいた
奥さんの顔が青ざめ「地獄へ落ちる地獄へ落ちる。」と騒ぎ始めた。
主人も打って変わって怒り出し、「やめろやめろ、呪われるぞ、死にたいのか」と叫び出す。

俺達は、この慌てようを見てビンゴだと興奮した。
Aが神棚を探ると、中から小さな箱が見つかった。
証拠があったと色めき立つ中、怒鳴る奥さんと主人を余所目に箱を開けた。

「うおっ。]とAが叫んだ。
何と、中には女の髪の毛と爪、それから動物の干からびた目玉らしき物が大量に入っていたのだ。
調査員達も余りの事にしーんとする。

奥さんが目をおそろしく釣り上げた、憤怒の形相で呟いた。
奥さん「だから言ったのだ。お前達、もう命はないかもしれないぞ。」

Aはぶるぶる震へながら箱を閉めて、上棚へ戻した。



281:悪意3/3:2009/08/21(金) 23:52:35 ID:edz+SqwT0

上司に調査が失敗だった事を電話で連絡すると、上司から怒鳴り声が返ってきた。
上司「馬鹿野郎、だからお前は詰めが甘いんだよ。まってろ、今から俺が行く。」

しばらくして上司が来きた。
上司は神棚にどすどすと直行して箱を平然と開け、箱に手を突っ込み探りだす。
うえっ、よく手が突っ込めるなあ、と驚いていたら、上司がにやりと笑った。
上司「見ろ、箱は二重底だ。」
二重底の箱からは、脱税の証拠である裏帳簿が見つかった。
主人と奥さんの顔が見る見る真っ青になる。

上司は調査後に言った「真にに怖いのは霊や呪いじゃない。人間の欲望と悪意だよ。
人間は金のためなら嘘も付くし演技だって平然とする。今回の調査を見ろ。
神棚に隠す狡さ、“呪い”に対する人間の恐怖を利用した巧妙な手口、真に怖いのは人間の欲望と悪意だ。」




それから、一年以内に、箱を触ったAが自殺し、上司が交通事故で死亡した。

二人が死んだのは偶然か?
本当に、真に怖いのは、人間の欲望と悪意だけなのだろうか…………
他の怖い話もよみませんか?
晴美の末路
出張先の館
傷 (全4話)
バックパッカーの恐怖
封じ (全3話)
コメント一覧
この記事にコメントを書きませんか?
コメントする
名前 
アクセスカウンター
トータル 000005136825
今月 000000026219
今日 000000004107

怖い話検索
タイトルと検索ワードから探している話を一発検索できます!



公式アカウント

暇つぶしで怖い話まとめサイト作りました。 ゆるく更新していきます。
ネタ投稿大募集!

あなたおすすめの怖い話を投稿してみませんか?
投稿する