最新の記事
1 肝試しの帰り道
2 先生 (全10話)
3 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (全6話)
4 ウヅガアさん
5 電車の変なおばさん
6 中古車
7 禍々しい写真
8 出張先の館
9 行ってはいけない場所(※自己責任系) (全4話)
10 天皇陛下の為に(※自己責任系)
最新のコメント記事
1 水難事故 (1)
2 超能力訓練 (1)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (12)
4 晴美の末路 (1)
5 ヒルサキの真相 (8)
6 肝試しの帰り道 (1)
7 お憑かれさま(※自己責任) (189)
8 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
9 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (5)
10 九字切り (1)
人気の記事
1 お憑かれさま(※自己責任) (1648404)
2 姦姦蛇螺 (かんかんだら) (76512)
3 行ってはいけない場所(※自己責任系) (74712)
4 つきまとう女 (57847)
5 幽霊だけど何か質問ある? (50270)
6 ヒルサキの真相 (42562)
7 リゾートバイト (42229)
8 帝国陸軍第十三号坑道 (34043)
9 中年女 (29266)
10 封じ (28795)
11 バックパッカーの恐怖 (26279)
12 傷 (25480)
13 うひゃひゃひゃひゃ (24585)
14 【せんせ】「娘さん下さい!」って言いに行くww【たいすき】 (24438)
15 コトリバコ (22389)
16 自分の話じゃなくてもいいんだよな? 俺の友達が中学生の時の話なんだが。 (19211)
17 お前か!26年探したぜ (18170)
18 禁后[パンドラ] 後日談 (17392)
19 洞窟探検隊 (16758)
20 中古車 (16724)
検索ワード:ヒルサキ(伝説)ヒサルキ(伝説)
検索ワードを編集

※このワードは利用者が検索しやすくする為のワードタグです。
どなたでも編集する事が可能です。


※検索ワード一覧
ヒルサキ
ヒサルキ
2013年01月15日 10:44:00コメント:8観覧数:42562

ヒルサキの真相 (2/2)

不意に視界が開けた。
木々が綺麗に切り払われて作られた広場、そこに建っていたのは、小じんまりと古びた神社であった。
どうしてこんな場所に、と私が訝しんでいると、彼女はそのまま入口から入って行ってしまう。
さてどうしたものか、と私は暫く逡巡していた。
蝉の声がいやに煩かったから、きっとその時は夏だったのだろう。
--と、入口に人影が。
それは、白い羽織と袴を着けた幾人かの神官だった。
まるで何かを迎えるように、彼らは入口の前に整列する。
そして、そこに姿を現したのは他ならぬ彼女だった。
だが、少しく様子が変しい。
ぢっと目を凝らしていた私は、小さく声を漏らしてしまった。
彼女の口からは鮮血が流れ出し、両手や着衣には得体の知れない赤黒いものがこびり付いていたからである。
何事か呟くように唇は動いているものの、目の焦点は最早合っていない。
私が目を離せないでいると、彼らは言葉も無く示し合わせたかのように、彼女を連れて山を降りて行ってしまった。
私はどうすることも出来ない。
蝉の声が煩い。


研究所に戻った私を待っていたのは、あの冷泉中尉であった。
彼は研究所前の門で独り立っていた。
恐らく顔面蒼白だったろう私は、一礼して彼の横を通り過ぎようとする。
その時、彼は通り過ぎざまに言ったのだ。
この研究も佳境に来ているので、暫くは彼女と会うのは慎んで欲しい、と。
実際のところ、私はそうせざるを得なかった。
何故なら、これ以降、私は研究室から出るのにも相応の理由が必要となり、これは体の良い軟禁状態だったからだ。
だが、一日の内の数十分ではあったが、私と彼女は会うことが出来た。
あの神社での一件を問い質す事には気が引けたものの、そんな事を忘れさせてくれる様な事が起こったのである。
彼女が私の子を宿したのである。
私達は自分が子供になったみたくはしゃいで、この子の名前を考えた。
そして、二人の名前から一字ずつ取って、男の子だったらこの名前にしようと決めたのだ。
「久幸」と。

この後の事は余り語りたくない。
だが、一言で述べるならば、私と彼女の日々は壊れてしまった。
いや、壊れてしまったのは私と彼女の方なのかも知れない。
とにかく、その夜、私は罵倒と悲鳴で目を覚ました。
私は暗闇でそのままぢっとしている。
何か物が壊れる音が研究所中から聞こえる。
それは高い/低い/鈍い/鋭い/乾いた/湿った在りと在る破壊音だった。
どれだけ経っただろうか、唐突に音が止む。
油に火を入れると、それを明かりに廊下へと出た。
そこには何人もの研究所職員が倒れていた。
慌てて駆け寄ろうとして、気付く。
彼らには全て、何処か部品が足りなかった。
それは手であったり、足であったり、頭であったりした。
腹を裂かれて内臓が零れ出している者は、それを掻き入れようと必死である。
私は何度も吐きながら、何も吐くものが無くなった頃に、漸く研究所の入口に辿り着いた。
そこに滴り落ちている鮮血は、所々が途切れながらも、あの山の深くへと連なっている。

実を言えば、この後の記憶は無い。
恐らく、研究所からあの神社へと足を運んだはずなのだ。
だが、その間の記憶はすっかり欠落し、次に覚えているのは神社の床に転がる冷泉中尉の死体だった。
私は視線を横にずらす。
くちゃくちゃ、くちゃくちゃ。
そして咀嚼音。
「久幸……久幸……」
彼女は赤子を逆さにして両手で掴むと、湯気の立つ内臓を貪っていた。
私は何も出来なかった。
彼女がすっかりその赤子を食べ終わってしまうまで、私は何も出来なかったのだ。
彼女がこちらを見ている。
きっと私も食われるのだろう。
でも、それでもいいと思った。
そこにあったのは自責の念かも知れないし、或いは違うかも知れない。
「……………………」
私は目を瞑った。
「……………………」
目を開いた時、しかし彼女は何処にも居なかった。
そして私は暫く泣いた。

その後、世間が神武景気に始まる高度経済成長に沸く中でも、
「最早、戦後ではない」と言われるようになっても、私は彼女の足取りを丹念に追い続けていた。
その途上、幾つか彼女の断片を見つけることが出来た。
例えば、彼女は「組織」から「献体丙」と呼ばれていたこと。
何度か家畜を貪り食らう彼女が目撃されたこと。
そして、その際に「久幸」と繰り返していたことから、彼女が「ヒサユキ」と呼ばれるようになったこと。
例えば、鬼に関する生物学的変容は可逆性を有していること。
すなわち、物質的存在である鬼は霊的存在である幽霊に変容することも可能であること。
そして、その両変容ともに人間の情念を必要とすること。
例えば、この掲示板に寄せられたヒサユキ/ヒサルキの情報の数々。

以上で、この年寄りの話は終わりにしたい。
そして、この話の一切を忘れて欲しい。
何故なら、誰かが彼女のことを覚えている以上、
彼女は件の生物学的変容から抜け出ることが不可能となってしまうからである。
それどころか、今度は貴方が鬼へと変容してしまうかも知れないのである。
では、私はどうなのだろうか。
勿論、私も彼女についての一切を忘れることにする。
そう、彼女に食われることによって。
本文に於ける乱筆は御容赦願いたい。
また、戦後の生活難の中で食い繋ぐために冒険小説紛いの駄文を書き散らしていたので、部分によっては小説めいているかも知れない。
だが、この「ヒサユキ」そのものに関しては全て真実である。
ヒルサキの真相 (1/2)|ヒルサキの真相 (2/2) |
他の怖い話もよみませんか?
肝試しの帰り道
トラックの荷台
水難事故
ウヅガアさん
兄弟の死
コメント一覧
1. Pharmd431 2016/11/30 09:18:52
Hello!

2. Pharmc87 2016/11/29 03:30:39
Hello!

3. Pharmk752 2016/11/27 21:17:47
Hello!

4. Pharme905 2016/11/26 15:04:18
Hello!

5. Pharmk201 2016/11/25 08:51:40
Hello!

6. Pharmf514 2016/11/24 02:19:58
Hello!

7. Pharmd569 2016/11/22 20:17:24
Hello!

8. Johna908 2016/11/22 02:42:02
What's Happening i'm new to this, I stumbled upon this I have discovered It positively helpful and it has aided me out loads. I hope to contribute &amp help other users like its helped me. Good job. dacfkddadgbf


コメントする
名前 
アクセスカウンター
トータル 000005264927
今月 000000013371
今日 000000000934

怖い話検索
タイトルと検索ワードから探している話を一発検索できます!



公式アカウント

暇つぶしで怖い話まとめサイト作りました。 ゆるく更新していきます。
ネタ投稿大募集!

あなたおすすめの怖い話を投稿してみませんか?
投稿する